今後のプロジェクト
Whole Earth財団は、その名の通り、世界のインフラや環境関連のプロジェクトにフォーカスしていくことを意図しています。まずは「水」に焦点を当てますが、このプラットフォームの用途は「水」のインフラにとどまりません。
エネルギー効率の高い建物の建設も、環境データベースの応用分野として期待されています。この分野では多くの新興企業が、エネルギー効率を向上させるために、データに基づく革新的なソリューションを追求しています。しかし、これらの企業の多くは、不十分なデータで作業を行っています。データは各社バラバラで、全体的な分析を行い、最適な結果を生み出すことは不可能です。WEAデータベースは、多数の建物に関連する環境データを収集・管理し、この分野に取り組む企業や建物の所有者が共有する場を提供することで、この分野を統合することができます。WECは、通常非公開のデータを交換し、共有するためのインセンティブとして提供されます。
広範なインフラセグメントの改善に取り組む多くの組織が同様の課題に直面しており、分析に適した質の高いデータセットが利用可能か、または不足していることが制約となっています。財団は、WEFのコミュニティが作成したデータベースへの共有アクセスを提供することで、エコシステム内のパートナーとしてこれらの組織を支援する計画です。
Copy link