チーム紹介
現在、株式会社フラクタの共同創業者兼会長。人工知能を活用し、老朽化した水道管の予期せぬ故障の影響を迅速に特定・把握し、全体の信頼性を向上させる会社。以前は、人型ロボットのスタートアップ企業であるSCHAFTの共同創業者兼CFOを務め、2013年の米国DARPA(国防高等研究計画局)ロボット・チャレンジ・トライアルで1位を獲得。SCHAFTは同年、Googleに買収。スタンフォード大学のUS-Asia Technology Management Center(US-ATMC)の客員研究員も務め、現在は東北大学の客員教授を務める。Bloomberg、The Economist、The Financial Times、Fast Company、CNBC、Business Insider(日本)、Forbes(日本)などの記事で紹介されている。2019年、「WIRED Audi Innovation Award」(日本)を受賞。また、ニューズウィーク日本版で「世界が尊敬する日本人トップ100」に選出された。早稲田大学理工学部応用物理学科卒業、オーストラリア国立大学MBA取得。
三菱総合研究所にて、主に科学技術の応用領域に関する官公庁の政策立案、並びに企業の技術戦略策定に関わる調査研究、コンサルティングに従事。専門はオペレーションズリサーチ、意思決定分析。その後、ケンコーコム(株)を共同創業し常務取締役COO、(株)ウォーターダイレクト代表取締役にあたるなどベンチャー企業経営者を歴任。2019年にFractaに参画。日本における事業開発責任者として国内事業統括。2022年より日本市場に向けたプロダクト統括にあたる。 東京大学工学部航空工学科卒業、スタンフォード工学系大学院経営工学修士(MS)。
過去に多国籍企業で複数のCレベルのポジションを経験。特に、ITベンチャー、リテール、エンターテインメントなどの分野で、新興国への事業拡大や合併後のCEO/COO/CFOの役割を担った。慶應義塾大学法学部卒。カナダ、米国、メキシコ、コスタリカ、インド、シンガポールに居住し、英語、日本語、スペイン語を流暢に話す。
九州大学工学部機械工学科卒業。サンフランシスコのMake School(Computer Science College)に日本人3人目として留学し、AI・機械学習分野の研究、AI搭載iOSアプリの設計・開発・ローンチを経験。フラクタにてデータサイエンティストとしてキャリアをスタートし、東京急行電鉄株式会社とのAIを用いた実証実験において重要な役割を果たす。さらに、水道管の劣化予測技術の日英での実証実験や、東邦ガスとの世界初のガス管の劣化予測AIの共同実証実験を成功に導く。フラクタではエンジニアリングディレクター(データ)を務め、プロジェクト推進、AIアルゴリズム・製品開発などに知見を生かした。
小学生の頃よりゲーム開発を始める。90年代後半より、ブラウザ向けMMORPG、PC向けマルチプレイヤーゲーム、家庭用ゲームソフトの開発に携わる。2000年にオンラインゲーム用ミドルウェア「VCE」の制作・販売を開始し、2010年にはインディーゲーム開発用プラットフォームやクラウドゲームを制作。2016年夏より、株式会社monoAIのCTOとして、通信ミドルウェア事業の開発を担当。現在は、富山の稲作地帯で仕事と子育ての日々を送っている。
15年以上にわたり、ユーザビリティに優れ、楽しいオンライン体験を創造してきた経験を持つ。デザイン戦略、ユーザーリサーチ、ユーザーインターフェースデザイン、ユーザーエクスペリエンスデザイナー、ユーザビリティテストなどのユニークなスキルセットを持つ。ユーザー、ビジネス、開発目標を組み合わせた方向性を設定し、クライアントとプロジェクトチームを曖昧から明確へと導く。長年にわたり、業界のトップクライアントや多くのエキサイティングなスタートアップ企業と仕事をしてきた。また、ブランドや製品開発の経験もあり、フォーチュン500社のデジタル戦略を実現させてきました。データ分析とチームリーダーシップのスキルを駆使し、情報に基づいた意思決定と方向性を示し、チームが実行するための道筋とビジョンを作り上げる。
Makoto Naruke / Advisor
書評サイト「HONZ」代表。北海道札幌西高等学校を経て、1979年中央大学商学部卒業。アスキーなどを経て、1986年にマイクロソフト株式会社に入社、1991年に代表取締役社長に就任。早稲田大学ビジネススクール客員教授。
Yoshiki Okamoto / Advisor
OKAKICHI SDN.Director。BHD. / 公益財団法人日本ゲーム文化振興会理事長 90年代初頭、愛媛県に生まれ、『ストリートファイターII』で空前の格闘ゲームブームを巻き起こす。以後、『バイオハザード』『モンスターハンター』などの大ヒット作の制作に携わる。また、大ヒットしたスマートフォン向けアプリ「モンスターストライク」の開発者の一人として開発に携わる。
Hiroaki Kitano Ph.D / Advisor
北野は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長、ソニーグループ株式会社取締役副社長、ソニーAI株式会社CEO、システムバイオロジー研究所代表取締役社長、沖縄科学技術大学院大学教授を務める。ロボカップ連盟創設代表、国際人工知能連合会議(IJCAI)会長(2009-2011)、世界経済フォーラムAI&ロボティクス評議会(2016-2018)、量子コンピューティング評議会(2019-2020)メンバーも務めている。1993年人工知能国際合同会議The Computers and Thought賞、2000年Prix Ars Electronica、2009年Nature Award for Creative Mentoring in Science (Mid Carrier)を受賞、2001年Biennale di Venezia 2000、Museum of Modern Art, New Yorkに招待アーティストとして招聘されている。
Yumiko Nishimura / Advisor
国際ビジネス開発専門のフリーランス・プロデューサー、および日本人読者を対象としたライター/コラムニスト。スタンフォード大学のアジア太平洋研究センターで比較医療政策研究プロジェクトのアソシエイト・ディレクターを務めた後、独立。スタンフォード大学アジア太平洋研究センターで、様々な国際比較研究を行うとともに、タイムリーなテーマで国際会議を開催し、好評を博した。現在、財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チルドレンズ・チャリティーズ日本財団の設立メンバーであり、理事として活躍している。
Last modified 3mo ago
Copy link