アプローチ
そこでWEFは、Whole Earth Explorer(WEE)プラットフォームを活用し、一般市民(または情報提供者)とインフラサービス提供者をつなぎ、インフラの詳細情報を含むデータベースへのアクセスや、コミュニケーションとコラボレーションを促進するためのエコシステムを提供することを。
その中核となるのが環境データベースで、公共・民間の複数のデータソースをプールし、ジオプロセシングすることで構築されています。正規化された後、追加処理を経て、現在一般に公開されているほとんどのデータセットでは利用できませんが、今後非常に高い地理的な解像度で利用できるようになる予定です。また、このデータは事前にクリーニングされているため、サードパーティの開発者による機械学習プロジェクトの開発期間を短縮することができます。情報提供者は、このデータをモバイルアプリなどのUIで操作することで、自分の周りのインフラの状況を常に把握することができ、情報提供者とインフラサービス提供者の間の情報のアンバランスを解消することができます。
さらに、市民はデータにアクセスできるだけでなく、データベースを積極的にサポートすることができ、その結果、基盤となるインフラを維持することができるのです。既存の環境データベースでは、情報の更新に平均1〜5年の時間がかかるという限界があります。WEEプラットフォームは、クラウドソーシングによるデータ収集でこれに対処することを期待しています。エコシステムの参加者は、インフラサービス提供者がより良い情報に基づいた意思決定を行うために使用できる最新のデータベースを維持するために、データを提供することになります。また、参加者のモチベーションを高めるために、クエストのようなゲーミフィケーションの仕組みも検討される予定です。
参加者は、高品質なデータを提供することでブロックチェーンベースのトークン(Whole Earth Coin、以下WEC)を獲得し、重要なデータの作成と効率的な交換を可能にする自由でオープンなマーケットプレイスを実現します。
これは、一般市民の関心を高めながら、インフラの定期的な維持・更新を促進する仕組みの構築を目指すものです。さらに関心が高まれば、市民が積極的に機関と連携して環境改善に取り組む社会づくりが加速されるでしょう。
Copy link